トップページ > お悩み別オススメコラム > 目尻や口元のしわが気になる

お悩み別オススメコラム目尻や口元のしわが気になる

加齢によるしわ・たるみに有効

目尻や口元のしわ

笑う度に目尻や口元のしわが目立ってしまうという人は、ヒアルロン酸が不足している可能性があります。ヒアルロン酸は年齢と共に減っていくため、それは避けられません。美容外科のヒアルロン酸注射なら、自身が気になっている部分のしわに直接アタック出来ます。手術してすぐ効果が見られるので、弾力のある肌を手に入れることが出来ます。

  • メスを使わず、手軽にしわやたるみ改善が出来る
  • ダウンタイムが短いので、忙しい人でも大丈夫
  • ヒアルロン酸注入直後から、肌の引き締め効果を実感

表皮性しわ(ちりめんじわ)

表皮性しわ(ちりめんじわ)は、「体の代謝が下がる」、「肌の水分量の少なさ」が原因で出来るものです。このしわは、「目尻」や「目の下」、「口周り」などに出来るのが特徴です。表皮性しわは、乾燥から引き起こされるしわなので、「化粧水」や「乳液」などで肌を保湿することによって、状態が緩和することが出来ます。

真皮性しわ(こじわ)

肌に潤いを与える成分「ヒアルロン酸」や「エラスチン」が、「老化」、「紫外線」によって減少することで、「真皮性しわ(こじわ)」が出来てしまいます。このしわは、主に「目尻」や「額」などに現れます。真皮性しわは、深いしわなので、自力で治すのが難しいです。ですから、専門家の力を借りて治すことが最適です。

老人性シワ(大じわ)

無表情でも線がくっきりとしているしわのことを「老人性シワ(大じわ)」といいます。このしわは、「額」や「頬」、「口周り」などに出来ます。主な原因としては、「老化」が挙げられます。真皮性のしわよりも重度ですので、スキンケアに気を配っても治すことは難しいです。しわを改善したい人は、クリニックなどで相談しましょう。

「目尻」や「口元」などに出来るしわは、「老化が原因」と考える人も多いですが、「肌の乾燥」や「表情筋の衰え」もしわを引き起こす原因です。目元など皮膚の薄い箇所は、とても乾燥しやすいです。そのため、保湿を十分に行っていないと、しわが出来やすいです。また、紫外線を浴びるのも、肌の潤い成分「ヒアルロン酸」や「エラスチン」を減少させ、乾燥肌を作ってしまいます。表情筋の衰えは、老化ではなく、無表情を続けていることでも起こります。筋肉の働きが正常でないと、顔の脂肪を十分に支えられなくなるので、表情筋を動かすようにしましょう。

美容外科では、しわの治療として様々なメニューがありますが、特に皮膚を切開せず出来る「ヒアルロン酸注入」は人気です。しわのある「目元」や「口元」に、ヒアルロン酸を注入するだけで、肌が引き締まり、しわを目立たなくする効果があります。治療した箇所は、ほぼ腫れることはないので、仕事や家事で休みがあまり取れなくても、ヒアルロン酸注入であれば特に問題はありません。「治療時間約10分」という、短時間で受けられるというのもヒアルロン酸注入の魅力です。仕上がりも自然なので、周りから施術を受けたとバレたくない人にもオススメです。

顔のしわを「予防」「改善」したい人は、マッサージを試してみましょう。洗顔後、「化粧水」や「乳液」を付ける際に、肌を引き上げるようにマッサージすることで、ハリのある肌を取り戻せます。

最近は、しわに効果のあるパックが続々と発売されています。肌の潤いを保つ成分「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」などが含まれたパックは、しわにとても効果的です。

しわは、紫外線を浴びることで出来やすくなります。外出時は、天候に関係なく「日焼け止めを塗る」「帽子を被る」「サングラスをする」などを徹底することが大切です。

代謝を上げることで、しわの予防が出来ます。代謝促進の方法としては、「朝・昼・晩の3食栄養バランスを考えた食事をする」「ウォーキングなどの有酸素運動をする」などがあります。

自宅で出来るお手入れは、限界があります。浅いしわであればセルフケアで改善出来るかも知れませんが、しわが深くなるにつれ、改善が難しくなります。確実にしわをなくしたい人は、クリニックで治療を受けることが好ましいです。

口コミを詳しく見る

コラム

口コミで人気のクリニック

豊胸手術をしたい

切開することなく、注射ひとつで小さな胸でも簡単にボリュームのある胸に変化出来ます。

鼻を高くしたい・鼻筋を通
したい

わずか数十分で、鼻に高さを出すことができ、痛みもほとんどなく治療が受けられます。

目尻や口元のしわが気にな

ヒアルロン酸注入をするだけで、気になるしわを改善でき、綺麗な素肌を得られます。

つやつや唇になりたい

注射をするだけで、薄い唇がボリュームのある唇に変わります。また潤いも得ることが出来ます。

詳しく見る

クリニックを選ぶポイント