トップページ > お悩み別オススメコラム > ほうれい線を消したい

お悩み別オススメコラムほうれい線を消したい

女性の敵ほうれい線に有効

ほうれい線

加齢によって口元や額などに現れてくるほうれい線は、肌年齢を感じさせてしまう大きな要因です。ほうれい線を解消することが出来れば、一気に若々しい見た目になれるといえます。美容整形によるアンチエイジング施術のひとつ「ヒアルロン酸注射」なら、低価格でほうれい線を解消することが可能です。他にも、肌のハリアップにも効果的です。

  • 施術時間約10分という、手軽さが魅力
  • 施術直後から、ふっくらとしたツヤのある肌を実感
  • 「腫れ」や「痛み」が、ほぼないため、日常生活に支障が出ない

あごが細長くて華奢

若いうちは、シュッとした細いフェイスラインは美しく見えますが、年齢が上がるごとに、あごの細い人はほうれい線が目立つようになります。あごが細いと、筋肉がしっかりと発達していないことから、脂肪を支えることが出来ません。それによって、どんどん顔の脂肪がたるんでいき、ほうれい線が出来てしまうのです。

骨格や筋肉の付き方

骨格や、筋肉の影響から、ほうれい線が目立つことがあります。こういった人の場合は、遺伝の影響もあり、年を取ってからではなく、若い内からほうれい線が出てくることがあります。ただ、年齢を重ねるごとにほうれい線が目立つ人も多く、表情筋をあまり動かしていないという人は、ほうれい線が出来やすいため注意しましょう。

乾燥肌

乾燥している肌は、通常よりも皮脂の量が少ない状態になっています。これによって、紫外線などの外部からの刺激を十分に守ることが出来なくなってしまいます。その影響から、肌にハリや潤いをもたらす成分「コラーゲン」などが体内から、どんどん減っていき、顔の皮膚は下に垂れ下がり、ほうれい線が表れてしまいます。

ほうれい線が出来る一番の要因は、「肌のたるみ」といわれています。肌のたるみは、「老化」や「紫外線」が影響しています。老化の場合、肌の筋肉が衰えていき、十分に皮膚を支えられなくなってしまうことでたるみます。一方、紫外線は、肌の表面だけでなく奥深くまで傷つけてしまうため、肌の「ハリ」や「潤い」がなくなってしまいます。他にも、上記で挙げたように、「顎の細さ」や「乾燥」などもほうれい線になりやすい要因です。ほうれい線の改善や予防をする方法としては、肌を傷つけない、肌に優しい生活を送ることが重要です。

ほうれい線で悩んでいる人に効果的なのが「ヒアルロン酸注入」です。軽度から重度のほうれい線まで、ヒアルロン酸注入をすることにより、消すことが出来ます。ヒアルロン酸は、人間の体にもともとあるもので、肌の引き締めや潤いには欠かせない成分です。老化などにより、ヒアルロン酸の成分は減少していきますが、それにより肌の脂肪を支えることが出来ず、たるみが発生してしまいます。しかし、ほうれい線の気になる部分にヒアルロン酸を注入することで、体内にあるヒアルロン酸の量を補うことが出来ます。肌に潤いを取り戻し、老けた顔は一気に若返ります。

美容外科でヒアルロン酸注入をしなくても、マッサージで簡単にほうれい線を改善出来ます。小鼻の横の部分を、親指などを使って毎日マッサージすることで、徐々にほうれい線が消えていきます。

肌の乾燥は、ほうれい線を引き起こす原因になります。パックを週に約2回行うことで、肌に潤いをたっぷり補充することができ、ほうれい線を改善することが出来ます。

紫外線ケアは、肌のたるみやほうれい線を改善・予防するために欠かせません。外出時には、必ず日焼け止めを塗りましょう。その他、「帽子」や「日傘」も紫外線ケア効果が抜群です。

代謝を促進する方法としては、「体を温めること」です。辛味のある食べ物を食べたり、温かい飲み物を飲んだり、温かい格好をするなどして、体をなるべく冷やさないようにすることがベストです。

自宅のケアだけで消せないほうれい線は、美容外科で「ヒアルロン酸注入」をすると良いでしょう。ヒアルロン酸注入は、ほうれい線の気になる部分に注射をするだけです。ヒアルロン酸注入することで、肌に「ハリ」と「潤い」が蘇ります。

口コミを詳しく見る

コラム

口コミで人気のクリニック

豊胸手術をしたい

切開することなく、注射ひとつで小さな胸でも簡単にボリュームのある胸に変化出来ます。

鼻を高くしたい・鼻筋を通
したい

わずか数十分で、鼻に高さを出すことができ、痛みもほとんどなく治療が受けられます。

目尻や口元のしわが気にな

ヒアルロン酸注入をするだけで、気になるしわを改善でき、綺麗な素肌を得られます。

つやつや唇になりたい

注射をするだけで、薄い唇がボリュームのある唇に変わります。また潤いも得ることが出来ます。

詳しく見る

クリニックを選ぶポイント