トップページ > お悩み別オススメコラム > アゴがもう少しシャープならいいのに

お悩み別オススメコラムアゴがもう少しシャープならいいのに

すっきり美しい横顔に有効

あご

あごが丸い人よりも、スッとしたあごで輪郭がはっきりされている人の方が、綺麗な顔という印象が強くなります。プロテーゼ治療はメスを使用しますが、ヒアルロン酸治療は注射だけなので、痛みや腫れの心配がないという特徴があります。あごの形をすっきりさせるだけで小顔効果まで期待出来るので、綺麗なあごと小顔を同時に手に入れられます。

  • 美しい横顔とされる「Eライン」が実現します。
  • ヒアルロン酸注入で顔のラインを自由にデザイン。
  • アレルギーなどの心配が無く安全な施術法です。

あごにヒアルロン酸を注入する場合は、切開の必要がありません。注射器だけで治療します。従来の整形と違いメスを使わないので、体への負担は少なく、短時間で済みます。極細の針を使うので、傷跡の心配もありません。そのため、気軽に受けられる整形として人気を集めています。ヒアルロン酸をあごに注入すれば、シュッとした形になり、綺麗なフェイスラインになります。あごにしわやたるみがある場合は、その症状も改善され、ハリや潤いをもたらします。手軽に行えるので、あごの整形だけでなく、様々な部位の整形にも使われている優れた方法です。

効果としてまず挙げられるのが、あごの調整が出来るという点です。小さいあごに悩んでいる場合やあごが引っ込んでいる場合は、「ヒアルロン酸注入」により、理想通りのあごを手に入れられます。ヒアルロン酸を注入すると、気になる部分に自然なボリューム感を得ることが出来るのです。それだけではなく、ヒアルロン酸は美容成分として有名であり、ハリや潤いを与える効果もあります。この効果によって、気になるあご部分のしわや肌荒れを改善することも出来ます。ヒアルロン酸注入は、あごのコンプレックスを抱えている人にも、うってつけの方法だといえます。

Eラインとは、横を向いた時に鼻先とあごを直線で結ぶ線のことで、美しい横顔の基準として考えられています。Eラインが整っていると綺麗な横顔だとされていますが、「整っているEライン」とはどのようなものなのでしょうか。それは、「唇が触れないEライン」です。鼻先とあごを結ぶ線に唇が触れなければ、美しい横顔だといわれています。

自分でEラインをチェックする場合は、鼻先とあごの先に、定規やノートなど直線になっているものを乗せます。その際に、唇が触れなければ整ったEラインとみなされます。唇に触れるようなら、鼻が低いことや口元が突起していることが考えられ、綺麗な横顔とはいえません。美容外科では、このEラインを綺麗に整えることが出来ます。

食事の際に噛む回数を増やすと、あごが鍛えられてたるみの解消になります。また、舌を前や左右に出す運動をすると、顔が引き締まりあごも鍛えられシャープにすることが出来ます。

あごをマッサージする場合、あごの骨に指を押し当てて、耳に向かってマッサージをします。そうすると、老廃物が流れてフェイスラインをスッキリさせることができ、二重あごの防止にもなります。

食事改善やマッサージを取り入れて、自宅で地道にセルフケアを行うと、あごをシャープにすることが出来ます。しかし、それでも変化がないなら美容外科に相談してみましょう。美容外科では、理想のあごのラインが実現出来ます。

口コミを詳しく見る

コラム

口コミで人気のクリニック

豊胸手術をしたい

切開することなく、注射ひとつで小さな胸でも簡単にボリュームのある胸に変化出来ます。

鼻を高くしたい・鼻筋を通
したい

わずか数十分で、鼻に高さを出すことができ、痛みもほとんどなく治療が受けられます。

目尻や口元のしわが気にな

ヒアルロン酸注入をするだけで、気になるしわを改善でき、綺麗な素肌を得られます。

つやつや唇になりたい

注射をするだけで、薄い唇がボリュームのある唇に変わります。また潤いも得ることが出来ます。

詳しく見る

クリニックを選ぶポイント