トップページ > 美容整形Q&A > ヒアルロン酸注入の流れ

美容外科クリニックQ&Aヒアルロン酸注入の流れ

肌に潤いを与えて「若返り」が出来たり、胸にボリュームを出して「豊胸」したりと、様々な外見の悩みを解決出来る施術は「ヒアルロン酸の注入」です。ヒアルロン酸注入を受ける際の一連の流れについて見ていきましょう。

帯

まずはクリニック選び

フェイスラインを整えたり、胸を大きくしたりと、ヒアルロン酸注入をして外見を変える場合は、「クリニック選び」から始めます。仕上がりの良さを左右するので、「医師の技術」や「導入機器」、「価格」など総合的に見て選びましょう。

いいクリニックを選ぶには?
写真

クリニックを選んだら、次は「カウンセリング」です。「胸が小さい」「あごの形が不満」「しわが気になる」など、自分の外見の悩みを医師に打ち明け、それに合った施術法を提案してもらいます。医師から、「施術についての詳しい説明」「料金」「術後のケア方法」などの説明を受ける他、何か不安なことがあれば気軽に質問出来ます。

カウンセリングでのチェックポイント

施術に入る直前に、「胸」や「鼻」、「頬」など、自分の希望する施術箇所を「消毒」し、必要に応じて「麻酔」をします。麻酔をすることで、痛みをほとんど感じることなく、「豊胸」や「隆鼻術」などの施術が受けられます。

「頬」や「胸」など、施術を希望する箇所にヒアルロン酸を注入していきます。この時、一気に注入するのではなく、「顔」や「胸」など施術箇所の状態を確認しながら、少しずつ理想の形へと近付けていきます。

注入を終えたら、医師と鏡を見て「胸の大きさ」や「鼻の高さ」、「頬の引き締まり」などを確認します。「豊胸」や「若返り」、「隆鼻術」などの施術を受けた後、人によって腫れることがありますが、すぐに消えていきますので問題はありません。施術直後から、「メイク」や「洗顔」、「シャワー」など通常通り行えます。

施術後は、入院する必要がないのですぐに帰宅出来ます。人によって、「胸」や「鼻」など施術を受けた箇所に「痛み」や「炎症」が発生することがあります。希望により、「痛み止め」や「化膿止め」を出してもらえます。特に、アフターケアの必要はありませんが、注意点として「胸」や「頬」、「唇」など、施術を受けた箇所をいじらないことです。

万が一満足できなかったら

「豊胸」や「若返り」、「フェイスライン形成」などの施術を受けた後、人によっては満足出来ない場合があります。『豊胸をしたけど、すぐに元の小さな胸に戻った』『隆鼻術を受けたけど、すぐボリュームダウンした』など、施術後効果が持続しない場合に、保障制度を設けている医院なら、期限内に無料で再施術を行ってくれることがあります。ただ、医院によってはヒアルロン酸注入の保障制度を設けていないところもあります。ですから、「豊胸」や「若返り」などの施術をヒアルロン酸注入でやりたいという場合は、保障制度のある医院なのかを調べてから利用することが望ましいです。また、分解注射をしてヒアルロン酸注入を行う前の状態の持っていく方法もあります。

コラム

口コミで人気のクリニック

豊胸手術をしたい

切開することなく、注射ひとつで小さな胸でも簡単にボリュームのある胸に変化出来ます。

鼻を高くしたい・鼻筋を通
したい

わずか数十分で、鼻に高さを出すことができ、痛みもほとんどなく治療が受けられます。

目尻や口元のしわが気にな

ヒアルロン酸注入をするだけで、気になるしわを改善でき、綺麗な素肌を得られます。

つやつや唇になりたい

注射をするだけで、薄い唇がボリュームのある唇に変わります。また潤いも得ることが出来ます。

詳しく見る

クリニックを選ぶポイント