トップページ > 人気の施術メニュー > 頬、額、口元

人気の施術メニューフェイスラインを整えたい顔のヒアルロン酸注入

フェイスラインを整える「輪郭修整」の美容整形には、ヒアルロン酸注入があります。美容外科によって扱っている部位は多少異なりますが、主に「鼻」や「頬」、「あご」、「くちびる」といった部位が美容整形の対象です。また、「こめかみ」や「耳たぶ」といった部分も、ヒアルロン酸の輪郭修整に含んでいる場合があります。

カウンセリング

カウンセリングで話す内容は、アレルギーや美容整形の経験があるかどうかや、詳しい施術内容といったことです。その他、価格について疑問に思っていることや不安なことがあれば、この段階で解決できます。

麻酔

ヒアルロン酸注入で使用される麻酔は、美容外科によって変わります。クリーム麻酔を使用するところもあれば、患者の任意で局所麻酔を行うところもあります。『わずかな痛みでも怖い』という人でも、安心して施術を行うことが出来ます。

注入

メイクを落としてから治療に入ります。注入部分に印を付けて、ヒアルロン酸を注入していきます。施術時間は約5~10分で終了します。あっという間に施術は終了するので、リラックスして臨むことができます。

施術完了

輪郭修整のヒアルロン酸注入では、傷口があまり目立ちません。そのため、施術をしたその日からでも、メイクや洗顔を行うことが出来ます。また入浴も当日から行うことが出来ます。患部が水に濡れることもOKです。

  • 必要ありません
  • まれに出る場合がありますが、1 週間程度で収まるものです。
  • 術後鈍痛が1 週間程度あります。
  • 注入するヒアルロン酸の種類にもよりますが、短いもので3カ月程度、長いもので半年程度になります。ドクターより案内がありますので、注入部分の良い状態を保つためには、定期的な再注入が効果的です。
品川美容外科サムネイル

品川美容外科

あごにヒアルロン酸を入れたのですが、しっかり高さも出ていました!今まで嫌いだった横顔も、全く気にならなくなりました!

口角を上げたかったので、口角部分に入れました。若干下がっていたのが改善されて、口角も少し上げることが出来ました。

湘南美容外科クリニックサムネイル

湘南美容外科クリニック

頬にヒアルロン酸を入れました。内側からふっくらして、こけがなくなりました~!

ヒアルロン酸の種類が豊富!あごにしたけど、引き締まった感じになれて良かったです。

城本クリニックサムネイル

城本クリニック

注入箇所に合わせてヒアルロン酸を選べました!注入した頬もふっくら綺麗に!

形がはっきりしていなかったあごに、ヒアルロン酸を注入!肌にも潤いが宿りました。

口コミ・評価を詳しく見る
「プチ整形」の施術はヒアルロン酸注入だけではなく、「フェイスリフト」や「レーザー治療」、「ボトックス」など、他の種類もあります。それぞれ利点はありますが、ヒアルロン酸注入に比べてダウンタイムが長い、ということもあります。

フェイスリフト

フェイスリフトとは、顔に直接メスを入れ、顔の皮膚を引き上げることでたるみやシワを解消する方法です。引き上げたい部分の広さによって、メスを入れる範囲が変わります。一般的にフェイスリフトの種類としては、「ミニリフト」「ミディアムリフト」「フルフェイスリフト」の3種類があり、それぞれ引き上げる皮膚の面積が異なります。

レーザー治療

レーザー治療には、「サーマクール」や「ウルセラ」などといったものがあります。特定の部分だけに効果を発揮するので、他の部分に影響を与えることがなく、顔全体を引き締めることが出来ます。1度だけ、何回分かがまとまったコースなど、選べるのが特徴です。また、痛みや施術時間が、切開を伴う施術に比べると短いという特徴があります。

ボトックス

様々な部位に使用可能なボトックスは、輪郭形成に使用されます。主に筋肉に働きかけるので、額や口元など、筋肉が動くことによって出来てしまうシワに対して、効果的です。また、「エラボトックス」というエラに対して施すボトックス注射もあります。これによって、エラ部分の筋肉によって大きく見えていた輪郭を引き締めることが出来ます。

コラム

口コミで人気のクリニック

豊胸手術をしたい

切開することなく、注射ひとつで小さな胸でも簡単にボリュームのある胸に変化出来ます。

鼻を高くしたい・鼻筋を通
したい

わずか数十分で、鼻に高さを出すことができ、痛みもほとんどなく治療が受けられます。

目尻や口元のしわが気にな

ヒアルロン酸注入をするだけで、気になるしわを改善でき、綺麗な素肌を得られます。

つやつや唇になりたい

注射をするだけで、薄い唇がボリュームのある唇に変わります。また潤いも得ることが出来ます。

詳しく見る

クリニックを選ぶポイント